フライパン料理のメリット

フライパンは直径が大きく平らなので、早く均一に火を通すことができます。
たとえば、水やだし、油など液状のものを素早く高温にすることができるので、煮物や蒸し物、揚げ物などの料理をスピードアップしてくれます。
魚を1尾まるごと調理する場合も、底が広いフライパンなら、魚を折り曲げたり、切ったりすることなく、そのまま加熱することができます。
材料の持ち味を活かし、旨味も逃さずにおいしく仕上げられれのでおすすめですよ。
また、フライパンは底が広くて平らなので、ジャガイモやカボチャなどのように、大きくて火が通りにくい材料も、重ねずに並べて均一に加熱することができます。
その分、火の通りも早くなるので、調理がさらにスピーディになります。
肉や魚など、面倒な湯通しもフライパンを使えば手間いらずです。
沸騰が早いので、お湯を沸かすのが短時間で済み、口径が広いので、湯に材料を入れてサッと取り出すのも楽ですよ。
煮物はふたをして調理するので、蒸し煮の状態になり、煮汁が少なくて済みますよ。
材料を底面に均等に並べられるので、火の通りが均一でムラがなく、上手に仕上げる事ができます。
材料同士がぶつかり合うことが少なく、煮くずれの失敗もなしです。
落としぶたを使えば、煮汁は少なめでもOKです。
落としぶたがない場合は、アルミホイルを使う事をおすすめします。
また、吹きこぼれないように、中央に穴をあけるといいでしょう。
スプーンなどで、煮汁を回しかけながら水分を飛ばせば、表面が照りよく仕上がります。
このように、フライパンは焼き物だけではなく、材料の湯通しや揚げ物や煮物にも使える万能アイテムなのです。
フライパン料理は、あなたを料理上手にしてくれるでしょう。